FC2ブログ

しっとりバームクーヘン|レミール 店長ブログ

バームクーヘン専門店。しっとりバームクーヘン「レミール」店長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

欧米か

こんにちは。レミール店長の岡本です。

この前知り合いのお子様の話しを書きましたが、
その続きになります。
1歳のころは、好き嫌いなく何でも食べたそうです。
その頃の性格はおっとりしていて、
駄々をこねる事もあまりなかったとの事でした。

それが2歳の半ば位から食べられないものが増え、
それに伴って攻撃的な性格になってきたようです。

とはいってもまだ3歳ですから、これから先も
色々な変化はでてくるとは思います。が、
私は食べ物の影響も少なからずあるのではと
考えております。

かなり前の話しになりますが、レーガン大統領、中曽根総理
の時代に、急激な円高になりました。いわゆる「プラザ合意」
です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6%E5%90%88%E6%84%8F

当然、日本側からすると輸入品が安く買える訳ですから、
この頃から色々な輸入品が増えました。
その中の一つが「食料品」です。
この当時から買物をよくされている方なら覚えているでしょうが、
とにかく、スーパーとかで食品の種類が増えました。
又、この頃から食事の欧米化がすすみ、それとともに
「キレル」という言葉が生まれた記憶があります。

私も洋菓子を販売している手前、
「洋食反対」「欧米反対」では決してありません。
ただ、日本には歴史があります。文化もあります。
当然、今まで培った「食文化」もある訳です。

私もバーム作りにおいて念頭に置いているのが、
「日本人の舌にあったバーム作り」です。
欧米諸国もそれぞれの食文化がある訳です。
当然、それぞれの文化によって、
「おいしく感じるものの違い」「合う食材の違い」が
あります。

つまり全てをそのまま受け入れるのではなく、
その国々にあったちょっとした調整が私は大事だと
考えます。

日本人の舌にあったバームクーヘン
一度、ご賞味下さい。

バームクーヘン、バウムクーヘン、マドレーヌ
菓子工房レミール
http://www.lemeal.com/
スポンサーサイト
  1. 2011/05/31(火) 16:25:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビール、枝豆・・・・ | ホーム | 3歳児の好き嫌い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lemealtochigi.blog65.fc2.com/tb.php/9-23502cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。