しっとりバームクーヘン|レミール 店長ブログ

バームクーヘン専門店。しっとりバームクーヘン「レミール」店長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

欧米か

こんにちは。レミール店長の岡本です。

この前知り合いのお子様の話しを書きましたが、
その続きになります。
1歳のころは、好き嫌いなく何でも食べたそうです。
その頃の性格はおっとりしていて、
駄々をこねる事もあまりなかったとの事でした。

それが2歳の半ば位から食べられないものが増え、
それに伴って攻撃的な性格になってきたようです。

とはいってもまだ3歳ですから、これから先も
色々な変化はでてくるとは思います。が、
私は食べ物の影響も少なからずあるのではと
考えております。

かなり前の話しになりますが、レーガン大統領、中曽根総理
の時代に、急激な円高になりました。いわゆる「プラザ合意」
です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6%E5%90%88%E6%84%8F

当然、日本側からすると輸入品が安く買える訳ですから、
この頃から色々な輸入品が増えました。
その中の一つが「食料品」です。
この当時から買物をよくされている方なら覚えているでしょうが、
とにかく、スーパーとかで食品の種類が増えました。
又、この頃から食事の欧米化がすすみ、それとともに
「キレル」という言葉が生まれた記憶があります。

私も洋菓子を販売している手前、
「洋食反対」「欧米反対」では決してありません。
ただ、日本には歴史があります。文化もあります。
当然、今まで培った「食文化」もある訳です。

私もバーム作りにおいて念頭に置いているのが、
「日本人の舌にあったバーム作り」です。
欧米諸国もそれぞれの食文化がある訳です。
当然、それぞれの文化によって、
「おいしく感じるものの違い」「合う食材の違い」が
あります。

つまり全てをそのまま受け入れるのではなく、
その国々にあったちょっとした調整が私は大事だと
考えます。

日本人の舌にあったバームクーヘン
一度、ご賞味下さい。

バームクーヘン、バウムクーヘン、マドレーヌ
菓子工房レミール
http://www.lemeal.com/
スポンサーサイト
  1. 2011/05/31(火) 16:25:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3歳児の好き嫌い

こんにちは。レミール店長の岡本です。

今日は、私の知り合いの息子さんの話です。
彼のお子様は今3歳で、4月から幼稚園に通っています。
いわゆる「年少さん」です。
そのお子さんは好き嫌いが激しく、
給食の時間はいつもお残りさんで、1人で2時位まで
泣きながら食べようと努力しているそうです。
(正確には、本人は食べたくなく、先生が食べさせようと
努力しているとの事です)

彼の考えは「家庭で教えきれない事を幼稚園がやってくれる
から、むしろ感謝」なのですが、
奥様は、「2時間も残した上に、泣くまでやらせるのはいかがな
ものか・・・」と考えています。

人様のご家庭の問題なので、私はどちらよりの
考えかはさておき、そのお子様の好き嫌いが多いのは
1、食材の見た目
2、におい
だと思います。

彼に詳細を聞くと、まず野菜はコーン、ブロッコリー
以外はだめ。肉も食べないとの事でしたが、
好きな食べ物は?
と聞くと「卵かけご飯、麺類、餃子、ハンバーグ」と言ってました。

そうです。餃子には野菜がたっぷり、ハンバーグは肉そのものです。
私も何のこっちゃ・・・と思いましたが、ふと考えると
まず、餃子は皮で野菜が見えませんし、みじん切りの為
お子様が気付いてないのでしょう。
ハンバーグは肉の切り落としと見た目が全く違います。

後は、「におい」でしょう。
私もバームの材料において卵のにおいがずっと気になっておりました。
今使っている卵は、全く「生臭さ」がないのです。

やはり、食は「味」だけではなく、
「見た目」「におい」が揃っての食なのでしょう。

一度、ご賞味下さい。

バームクーヘン、バウムクーヘン、マドレーヌ
菓子工房レミール
http://www.lemeal.com/
  1. 2011/05/25(水) 18:28:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バームクーヘンと天候

こんにちは。レミール店長の岡本です。

タイトルを見ただけでは
「何のことやら?」とお考えになると思いますが、
タイトル通りの内容なのです。

ここ何日か、ぐずついた天気が続いてますよね。
ただその前は「もう夏か?」って位暑かったり、
「又冬?」って位冷え込んだり、
乾燥してたり、湿気が強かったりで
体の調子を崩された方も多いのではないでしょうか?

人間でも気候によって体調が大幅に変化します。
実は、それ以上にバームクーヘンは天候によって
かなりの変化がでてきます。
じゃあ変化させない為にはどうするか?

http://www.lemeal.com/cat2/post_10.html
でも紹介している様に、長年の研究、経験を元に
粉の配分なんかを微妙に変えたりして対応しています。

季節ごとの料理がある様に、暑い、寒いによって
食べたいものが変わってくる様に、
当店もネットショップでの販売を従来のプレーン
だけではなく、抹茶、メープル、きなこの
4種類に増やしました。

暑い日は抹茶味のバームクーヘンをおつまみに、
冷酒なんかはいいんじゃないでしょうか?
(これが又いけます!)

一度、ご賞味下さい。

バームクーヘン、バウムクーヘン、マドレーヌ
菓子工房レミール
http://www.lemeal.com/

  1. 2011/05/24(火) 15:30:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

えびすや事件に思う

こんにちは。レミール店長の岡本です。

随分ブログをさぼってしまいました。
ブログを開設以来、食の安全に関し記載しましたが、
またもや悲しい事件がおきてしまいました。

私も店を構える一人として、この様な事件が起きる度
「何で日頃から細心の注意を払わないのだろう・・・」
と痛感してしまいます。
特に今回の件は、お店、卸業者のエゴ以外の何物でも
ありません。
怒りすら感じてしまいます。

恐らく商売、お金に走った結果がこの様な形になって
しまったのでしょう。
業種は違えど東電も一緒です。
役員報酬カットとお茶を濁してますが、それは当たり前で
なぜ役員は基本給カットにならないのでしょうか?

えびすやにしろ東電にしろ
「危機管理」の甘さがこの様な結果を産んだのです。

以前、トランス脂肪酸をブログで取り上げましたが
これも一緒です。

本来、食というものは
「おいしくて」「楽しくて」「安全」が当たり前だと
私は考えます。
「安いだけで」「化学調味料で味を濃くし」「寿命を縮める」
ものは、もはや「食」ではありません。

これを機にもう一度「食」を見直してみませんか?

一度、ご賞味下さい。

バームクーヘン、バウムクーヘン、マドレーヌ
菓子工房レミール
http://www.lemeal.com/
  1. 2011/05/13(金) 17:38:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。